のーすなはなし

2018年3月31日

お世話になりました

Filed under: NO SWEAT — admin @ 10:30 AM

 

この「のーすなはなし」なんですが、

 

平成30年3月31日をもってブログを閉鎖しようと思っています。

 

理由はシンプルなんですが、

 

私自身が、NOSWEATの代表を3月31日で退任するからです。

 

いままでお読みいただいていた皆さんに

 

心から感謝申し上げます。

 

秋ごろに

 

また何かできればなあ

 

なんて思っています。

 

新しいURLは、こちらで案内いたします。

 

2018年3月24日

ニ親等

Filed under: 未分類 — admin @ 12:16 PM

 

いわゆるニ親等

 

祖父、祖母、兄、弟、姉、妹

 

私のニ親等は、すべて亡くなっております。

 

 

新たなニ親等が誕生しました。

 

「GRANDSON」

 

母が亡くなって十日後に、この世にやって来てくれました。

 

昨年3月に義父、7月にバース、今年の3月にリン、母と続き、

 

正直、滅入っていましたが、

 

そんな時に

 

一人娘の赤ちゃんが誕生し、

 

ようやく春がやって来ました。 

 

 

 

 

娘が喜んでいる姿を見るのが、実は一番うれしいです。

 

2018年3月19日

Filed under: 〇〇ですねぇ。 — admin @ 3:15 PM

 

まる7年間、寝たきりだった母親が亡くなりました。

 

 

終戦を8歳で迎え、

 

青春は、戦後の混乱期。

 

24歳で結婚し、その後ふたりの子を出産。

 

39歳の時、

 

女手ひとつで二人の子供を育てる覚悟をし、

 

その後、15年間ただただ一生懸命働いていました。

 

朝の食事と、夜の食事の時以外は、仕事に出かけていました。

 

 

食べるものにも困っていたと思います。

 

私たちに「標準価格米」を食べさせていることを

 

ほんとうに申し訳なく思っていたようです。

(全然気にしていませんでしたが)

 

おひつに残っているお米を

 

お茶で取ってお茶碗に入れている姿をよく見ていました。

 

 

朝も昼も夜も働く母親は、

 

私の年収など足下にも及ばないトップ営業マンになります。

 

 

北海道の大学を卒業する弟の卒業式に出掛けた時の母の写真は、

 

親としての充実感でいっぱいでした。

 

三か月後、卒業した弟が交通事故で亡くなってしまうなど

 

想像できるわけもありませんでした。

 

 

52歳で子供を亡くした母の価値観は、

 

そこで大きく変わりました。

 

仕事も辞め、

 

田舎暮らしで自分の父親と過ごし看取ります。

 

教会にも足繁く通い、

 

善を積み、徳を積んでいたように思います。

 

 

70歳から73歳までのあいだ、

 

私も人並みに親孝行をすることができました。

 

一緒に旅行に行ったり、

 

小遣いを渡したり、

 

食事をしたりなどなど。

 

「いまほど幸せな時間はない」と

 

当時、母はいつも言ってくれていました。

 

 

そんな母が

 

脳こうそくで寝たきりになります。

 

 

終祭(仏教でのお通夜)のあとの御膳の時に

 

教会の先生に

 

「母の人生は幸せだったんでしょうか」

 

と尋ねました。

 

「人の幸せは長さでは計れません。

 

汗した時間が長くとも、

 

それが報われたと思えるなら、幸せな人生だと思えるのではないですか。」

 

 

母の人生で本当に幸せだった時間は、

 

集約すればほんのわずかだったかもしれません。

 

しかし、苦労が報われたと思う瞬間は、

 

かなり持てた人生だったのではないかと思います。

 

苦労が多かった分、その喜びも大きかったと思います。

 

 

寝たきりの時には、

 

自分の状況は、何もわかっていませんでした。

 

弟の死や、自分の病状なども理解していませんでした。

 

「死」への恐怖もなかったと思います。

 

私自身にとっても、母が亡くなる心の準備ができた7年間でした。

 

 

その日、静かに目を閉じて旅立ちました。

 

親よりも先に死ぬことがなくなったことで

 

やっと肩の荷を下ろせたような安堵感に私自身も包まれました。

 

静かに目を閉じた母の先には、

 

「親より先に死んで親不孝を詫びたかった」弟が

 

母を迎えに来ていたはずです。

 

 

55年間、母の愛情に満ちた言動や行動に心から感謝です。

 

 

昨年に義父、今年は母と、

 

その間には、バース(18歳)、リン(10歳)と亡くしました。

 

大切な人が離れていった一年でした。

 

そんな我が家にも、まもなく孫が誕生します。

 

 

 

2018年3月1日

師匠

Filed under: 〇〇ですねぇ。 — admin @ 7:23 PM

 

 

「師匠」と呼ばせていただいて25年。

 

「和田師匠」がお亡くなりになられました。

 

誠に残念です。

 

享年81歳

 

私が三十代だったとき、

 

当時五十代の方々には、ほんとにお世話になりました。

 

 

優しかったし、厳しかった。

 

和田師匠には、

 

妙心寺・盛永宗興老師の座禅会にもお誘いいただいた。

 

ほんとに、感謝です。

 

和田師匠、ありがとうございました。

 

いつの日かあちらでお会いできることを

 

楽しみにしております。

 

2018年1月12日

勇気あるYES 勇気あるNO

Filed under: 〇〇ですねぇ。 — admin @ 5:18 PM

仕事において

 

得意先やスタッフ、はたまた上司であっても

 

信念から

 

「こうあるべき」、「こうすべき」ということを

 

訴えたいときには、

 

勇気をもって「NO」。

 

 

逆に自らの意に沿わないことであっても

 

手順を踏んで決まったことには、

 

私心を捨て

 

勇気をもって「YES」。

 

 

良い結果を生み出すべく努力をする。

 

 

 大きさ(スカラー)をそのままに

 

自分の向きと異なった方向であったとしても

 

心の「ベクトル」を共有して行動できるか?

 

  

(いつもそうありたいと思ってやってきていますが)

 

勇気ある「NO」や、

 

勇気ある「YES」を持てない人のほうが、

 

フツーのような気もします。(笑)

 

 

 

 

2017年12月31日

Face of Top

Filed under: 〇〇ですねぇ。,未分類 — admin @ 12:03 AM

 

 

心がけていること>  

 

難しく苦手なことだが、

 

「人の育成」

 

物事の「手順」を間違えずに進め、進めていく中でしっかりと「気配り」ができる人を育成していくこと

 

 

 <最近思うこと>

 

この業界は、高い利益を生み出すにどうしたらいいかという事ばかりに軸があり、

 

正しいことや、良いことを行うことをおろそかにしている。、

 

あるべき姿を見失っているのではないかと思う。

 

 

 <未来に向かって>

 

「人をたいせつにする」ことを実践していきたい。

 

視点が異なると

 

一方を大切にすることが、他方を大切にしていないことになる。

 

常に正しい位置からの視点を持てるよう、精進していきたい。

 

 

 

 

2017年10月22日

講演会

Filed under: 〇〇ですねぇ。 — admin @ 9:46 PM

 

沼野先生の講演会は、

 

1年ぐらい前にお願いしていました。

 

お忙しい先生なので、スケジュールを取っていただくのも大変です。

 

10周年での記念講演をお願いしたかったのですが、

 

タッチの差で逃してしまいましたので、

 

今回の講演会は、まさに念願の、講演会でした。

 

しかし、元々何もなかった10月22日に

 

突如、衆議院の総選挙投票日になり、

 

1週間ほど前には、台風が来る、なんてことになりました。

 

お足元の悪いなか、

 

あれだけ多くの皆さんに来ていただき

 

いやあ、感謝です。

 

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

2017年9月12日

ケネディ

Filed under: 〇〇ですねぇ。,未分類 — admin @ 12:46 AM

2017年8月20日

失敗

Filed under: 〇〇ですねぇ。 — admin @ 8:42 PM

 

上手くいかない、

 

ことがあれば、その原因を考える。

 

多くは、「この自分」に原因がある。

 

 

「見えないところをちゃんとしないと」

 

が口癖なのは、

 

シンクロの井村雅代・日本代表コーチ。

 

 

シンクロは、

 

水面から上の部分を見て練習させているようにみえるが、

 

井村コーチは、

 

「見えていないところをちゃんとしないと・・」

 

水面から下も、水から上がっても。

 

  

 この自分を振り返ってみて、

 

感謝の気持ちをしっかりもてているか、

 

もったいないことをしていないか、

 

人に対して尊敬の念をもっているか、

 

見えないところで・・・・。

 

 

そうありたいと願うけれど、

 

まだまだ、ダメですわ。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月15日

遺族を代表いたしまして、

Filed under: NO SWEAT — admin @ 4:43 PM
 
 
 
 
遺族を代表いたしまして、ひとことご挨拶を申し上げます。
 
 
 去る7月13日、夕刻五時、我が家で19年間家族の一員として苦楽を共にしてきた
 
 
バース(チワワ・オス・19歳)が永眠いたしました。
 
 
 
 
 
 
  先週の金曜日に危篤状態となり、ダクタリ(動物病院)さんでは、
 
今夜か明日がヤマだと言われ、
 
丹後半島にいる娘も涙ながらに戻って来ました。
 
 
 
 
 
 
 立つこともできずのバース、
 
「ワン」の一言で、
 
トイレ、水、ウンチ、体位交換などなど、
 
あと少しで旅立ってしまうというこちらの気持ちを逆手に取られ、
 
アゴで使われた、24時間 ✖︎ 7日でした。(笑)
 
 
 
 
 
  ここ暫く続く暑い夜には
 
「ワン」の一鳴きで、2台のクーラーを24時間ずっと稼働させられた一週間でした。
 
 予定出発時刻を大幅に過ぎても、なかなかあちらに行かずのバース翁。
 
この間、二度も帰ってきた娘にも、素知らぬ顔で・・・翁は行かず。
 
  低い室温で無いと眠れない老犬バースのおかげで、
 
毎晩寒さに震えながらの老老介護。
 
トイレの回数は私の方が多かったかと、、、。
 
 
 
 
 
思えば、余命3ヶ月の宣告から、数えること3年。
 
 ホントに死ぬのか?と思いつつも、十二分に世話をさせて貰いました。
 
  最後も旅立ちを一週間遅らせてくれ、悲しむ練習を何度もさせてくれました。
 
  明日は私の育てた花を棺に入れ、タイガースのユニフォームをまとったバース(背番号44)は旅立ちます。
 
 合掌
 
 
 
 最後に、ここ数日は何かと対応できずで、ご迷惑をかけた皆様に心からお詫び申し上げます。
 
 
Older Posts »

Powered by WordPress